台湾と戦後日本の一体化で、大日本帝国の 新たな曙へと、如何?
今の台湾で、大日本帝国臣民であり続けていらっしゃる信念の元に頑張っている皇民化生代とその末裔で形成された一群が未だ無視無知に迷う同胞の啓蒙に励んでいらっしゃる。
Addressing the Legal Rights of Japanese Nationals in Taiwan
http://www.youtube.com/watch?v=s_nfPeRiuwY
Lin vs. US and Republic of China seeks invalidation of the 1946 Nationality Decrees
http://www.press.org/…/lin-vs-us-and-republic-china-seeks-i…
Lin v. USA/ROC (2015): http://www.taiwandocuments.net/lin/lin-v-usa2.htm
Lin_v_USA-ROC_2-27-2015.pdf

最後に、試みた幾つかのシュプレヒコール:
大日本帝国臣民(*)、草莽崛起!!
大日本帝国臣民、米国の法廷で偽中華民國をその戦争犯罪で起訴すべし。
大日本帝国領土である台湾を我が天皇に返すべし。
偽中華民國,滾出我的皇土。
天皇万歳!! 天皇万歳!! 天皇万歳! 

ーーーーーーーーーーーーーー
(*)今の所、大日本帝国領土台湾で生まれた皇民化生代とその末裔にしか限らない。理由は?だって、ご承知の如く、戦後日本が昭和27年4月28日に大日本帝国から離脱し独立を得た。大日本帝国とは、決して廃棄の効かない大日本帝国憲法下に残る台湾や澎湖や新南沙諸島(南支那海の西沙と南沙諸島)や竹島や北方領土等も含めた邦土(又は皇土 )で形成されている。

我是大日本帝國臣民!!

Jerome M. Besson

3月28日に開催された「日台交流をすすめる会シンポジウム」のご報告がてら、台湾で形成過程にあるアイデンティティの問題や、経済や文化を含めたチャイナ・リ...

檢視次數: 721

回覆

© 2019  
Taiwan Civil Government Central Headquarters
No. 100-1, Yuanlinkeng Road, Guishan Township, Taoyuan County, Hsinchu State, 33391 Taiwan
台灣民政府中央會館
33391新竹州桃園郡龜山鄉員林坑路100-1號
(03)355-3669
  Powered by

成員徽章  |  報告問題  |  服務條款